モストラへ行くと、当然のことながら

並んでいる古着が気になって

打合せより集中して、物色しているような

やっぱり古着はいいね

よっぽどのことがないかぎり

同じものとは出くわさない

それが魅力かなと

その感覚が、今のコンティニュームの手仕事に繋がっているのかも

「人」と「もの」との一期一会

買い手も売り手も、はまったときの気持ち良さは

なかなかのものです

久しぶりに、20代の頃に買った”WORKERS”という本を開いてみた

20140403-203134.jpg

労働者のための服

アルバイトで貯めたお金を握りしめて

古着屋さんをあちこち探して回ったが

遂に、こういうピンストライプのワークシャツには巡り会わなかったな

どうしても欲しくて

結局、どこかのメーカーが復刻していたレプリカを買った記憶がある

機能美とタフさを兼ね備えた服は格好良いですね

そこにオーガニックという要素を加えてもいいんじゃないか?

オーガニック・コットンは柔らかいだけじゃなく

薬品を使っていないだけあって、けっこうタフだからね

オリジナルの生地からは、大変なので

良い布帛を探して、一枚一枚縫っていくのもいいな

パターンメイクとソーイングのスキルがまだまだ足りませんが

そのうちに

今日は、”CRUZ / CROSS” の型紙が完成

試し刷りをするまで、安心はできないけど

たぶん大丈夫じゃないかな

20140403-204528.jpg

「手仕事で服を作る」

これもブルーカラーの仕事かなと思う

まぁまぁ、体力いるしね

子どものころから、ホワイトカラーには

それほど、憧れもなかったから

やりたいことが、できているんだろうね

そんなわけで、最近よく登場するスプリングスティーン

労働者階級を歌うから、好きなのかな

ファースト・アルバムから

“Does This Bus Stop At 82nd Street?”
82番通りにこのバスは止まるかい?


日刊新聞は彼女にヤクをくれと頼む
彼女は答えて
“あのね、まだ望みがあるってことが薬なのよ”
セニョリータ、スペインのバラが
涙をめぐって鼻をかんで
ハーレムのアップタウンでバラを投げた
幸運な若い闘牛士に

Share Your Thought