つい先日、新作”YOU WANT IT DARKER”の発表と、それに伴ったインタビューに応えたばかりだったが。

今、新作のアルバム・ジャケットで見せた姿は「最期」のお知らせだったんだなということが分かった。

いろいろなことを教えてくれた音楽家であり詩人

伝えたい作品は沢山あるけれど、

矢張り「ハレルヤ」かな。

ありがとう

 

朝起きて、息をしている限りは、毎日を大切に生きたいと思います。

 

ダビデ王がひそかに弾いた琴の音が

主のお気に召したというが

おまえは音楽に関心がなさそうだ

その音はこんな具合だった 4度、5度

短調、そして長調

これはダビデ王が困った時に作ったハレルヤだ

 

信仰はあつかったが、おまえは見返りを求めていた

屋根の上で月の光を浴びる彼女を見て

その美しさと月の光におまえの心は乱れた

彼女はおまえを台所の椅子にしばりつけ

髪を切り、王座から引きずりおろした

そしておまえの口からハレルヤを歌わせたのだ

 

神の御名を濫用したとおまえはいうが

私はその御名さえ知らない

だが、たとえ知っていたとしても、それがどうなんだ?

どんな言葉にも光り輝くものがある

賛美歌だろうと自己流のハレルヤだろうと

どちらでもかまわない

 

私はベストを尽くしたが、まだ不十分だった

何も感じられず、更に御心に触れようと努力した

みな本当のことだ、冗談なんかじゃない

たとえ歌が通じなくとも

私は神の前に立ち

自分自身のハレルヤを歌おう

 

 

ダビデはイスラエル王国第2代の王。旧約聖書サムエル記上に、ダビデの弾く琴の音が神から出る悪霊を追い払ったとある。

出典は不明だが、サムエル記下に、ダビデが王の家の屋根を歩いていた時、そこからひとりの美しい女がからだを洗っているのを見たとあるので、それを参照しているのかもしれない。

旧約聖書の士師記では、怪力のイスラエルの士師、サムソンの力が彼の頭髪にあることを知った愛人のデリラが、彼を裏切って髪を切り、サムソンを捕らえる。

 

 

 

Share Your Thought