ぼくは本当に哀れな少年なんです めったに身の上話はしませんが

約束なんてみんな うそと笑談みたいなものです それでも人は聞きたいと思うことだけには耳を傾けて あとは知らん顔なんですね

開墾地のようなボクシング会場に立つボクサーは おカネめあてのファイター闘志です

自分をリングに沈めたグローブのひと突きひと突き その記憶をたぐり 怒りと恥ずかしさに声をあげ

”もう止めるんだ もう止めるんだ”と叫ぶまで 自分を切り刻んでいくんです

– ポール・サイモン作 ”ボクサー”より –

 

まったく凄い曲を作るもんだ

僕が小学生の頃 夢中になった漫画「カリフォルニア物語/吉田秋生」に明らかにモハメド・アリをイメージした黒人青年が登場する

主人公のヒースが信頼した数少ない人間として描かれている

徴兵されてベトナムへ行った彼が脱走したという噂がヒースの耳にも届く

ヒースは裏切られたと思い 彼が植えたヒマワリを全部引き抜いてしまう

「種を少しだけ残して あとは公園のリスにあげること

残した種は また植えること

一度切りじゃ可哀想だろ ヒース」

 

カリフォルニアを出て ニューヨークで暮らすようになったヒースは

苦労を重ねるうちに 彼のことを理解していく

 

モハメド・アリ

イスラム教改宗前の名はカシアス・クレイ

元WBA/WBC統一世界ヘビー級王者

マルコム・Xと出会い その思想に共鳴したんだ

ベトナム戦争徴兵拒否

それによって 米国政府と長年にわたって争うことになる

最終的には無罪を勝ち取るが

彼の発言と行動は 政府や保守派の脅威だった為に

王座剥奪 試合禁止などの圧力が加えられる

引退後はパーキンソン病と闘っていた

彼は言われていたように 決してパンチドランカーなんかじゃなかったよ

6月3日

彼は逝った

向こうでも

蝶のように舞い 蜂のように刺す

その身のこなしで みんなを驚かせていることだろう

 

そんなわけで 僕のヒーローの一人

ただのボクサーではない

彼はファイターだった

 

 

Share Your Thought