2003年から2010年までの間、CBSで放送された刑事ドラマ”Cold Case”

コールドケースというのは「未解決殺人事件」のこと

迷宮入りした事件を被害者からの依頼を受けて、再び捜査をやり直し、解決していくドラマでした

事件当時のヒット曲が流れることもあって、もちろん毎回の物語にも感動していましたが、凄く好きな番組でした

今日は春が訪れる前の小さな嵐のような日だと思い、そう言えば冬に冬らしい曲を、ここで紹介していないなと

それでストーンズの”Winter”です

『1972年発表のアルバム「山羊の頭のスープ」より

Winterと言っていますが、このアルバムはジャマイカで録音されている

アメリカのスタジオのレンタル料が高額だったことと、契約について、いろいろとトラブルがあったみたい

「ジャマイカは問題児の俺たちが居れる数少ない場所だった。」とキースは言っている。』

 

大切な人を失った悲しみは計り知れない

ましてや、その理由が分からないというのは、いつまでも重たい荷物を下ろせないようなものだしね

このドラマは必ず解決されて、被害者は安住の地をやっと見つけることができるのです

またTVを繋ごうかな?とか思い始めている

以前のように依存してしまうこともないだろうし、必要なものをきちんと選択してね

今日は苦楽園にあった”bin”の店主がTEATROにやって来た

この春に和歌山に移住して、また新たなことを始めるようだ

お気に入りの場所、お気に入りの生き方

僕は一度気に入ってしまうと、あまり動く体質ではありません

が、彼は何かを成し遂げたら、また次の何かに向かって行く体質のようで

そんな生き方の中にCONTINUUMのTシャツの居場所が在るみたい

binさんの手元でコンティニュームのTシャツがどうなっていくのか?楽しみです!

そして今は、元町のYIDAKI CAFEで晩ご飯を食べています

イダキカフェのオリジナルTシャツが良い感じに仕上がったので、納品に来たという訳です

 

Share Your Thought