ボウイの死を受けて

ドイツの外務省がコメントを発表した

「ベルリンの壁崩壊への助力に感謝する。」と

この曲HEROESが収められているアルバム”HEROES”のリリースは’77

壁崩壊の直前に、ボウイはベルリンでLIVEを行なっている

それに、たしか当時はベルリンに住んでいたと思う

東西ベルリンを分断する、高く聳える壁を目の前にして

何もしないでいられるはずもなかっただろう

「僕は憶えている 壁の傍に立って 銃弾が頭の上をかすめたが 怖くはなかった 何故なら悪いのは向こうなのだから」

演奏の最初、メンバー紹介の後に

この曲を自分の息子、そして世界中の子どもたちに捧げると、彼は言っているね

キッズたちにとって、これ以上の希望に満ちることがあるだろうか?

誰でもヒーローになれる たった一日だけなら

僕もその一人だったよ

 

Share Your Thought