ALBUM ”The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars” より

FIVE YEARS

地球滅亡まで後5年間

パニックに陥る人類を目の当たりにして、ボウイの視線はまるで静止しているかのようだ

自分の持ち時間が有限であることを悟ったとき

見える風景、聴こえる言葉

そういったものの意味は違ってくる

何気なく時間は流れていくけれど、大切なものは見逃すなよって

ボウイはこの歌で教えてくれた

♪ 市場を通り過ぎると、たくさんの母親たちの嘆く声

ちょうどニュースが出たところだ

僕たちには5年間、嘆き悲しむ猶予がある

ニュースキャスターは泣いて言う

世界は本当に終ろうとしている

ずいぶん泣いたので彼の顔は濡れ、嘘ではないのだと分かる

僕は電話の声を、オペラを、大好きなメロディを聴いた

少年達を、おもちゃを、アイロンを、テレビを見た

頭はガレージのように悲鳴を上げる

もうしまう場所がないのだ

それで無理してでも詰め込まなきゃならなかった

全ての太った/痩せた人を、全ての背の高い/低い人を、全ての名もなき人を、全ての名のある人を、これほど大事に思う日が来るとは思わなかった

僕と同じくらいの女の子が、気がふれて小さい子どもらを殴りつけた

黒人が彼女を引き離さなかったら、彼女はその子らを殴り殺したかも

腕の折れた兵士がキャデラックのタイヤをじっと見つめた

警官が坊主の足下にひざまずいてキスし、それを見たゲイが吐いた

君をアイスクリームパーラーで見た気がする

冷たいたっぷりのミルクシェーキを飲んでるところを

笑いながら手を振り、まるで平気なように見えた

この歌に歌われているなんて、君は思いもしないだろう

それは寒い雨の降る日のことで、僕は俳優にでもなった気分だ

僕はママのことを思った

あそこへ戻りたかった

君の顔、君の過去、君の話し方

キスしよう、君はきれいだ、歩いて行って欲しい

僕らには後5年間

5年間、信じられないことだ

僕らには後5年間、頭がひどく痛む

5年間、それが残された全て

Share Your Thought