元は古いシャンソンだそう

それを初めてアメリカに持ち込み、英訳して歌ったのが、エヴァリー・ブラザーズ

他には、このR&B界のダブル・ダイナマイト、サム&デイブ

それに、ウィリー・ネルソンやエルヴィス

ロッド・スチュワートも歌っていたような気がする

ミュージシャンというよりは、素晴らしい歌い手というのが、僕の印象で

誰でもが簡単に歌いこなせる曲ではないことが分かる

簡単な英語ほど、訳するのが難しい

”to be or not to be, that is question.”

シェイクスピア作「ハムレット」の有名な台詞ですが、

これには、「生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ。」

という名訳があるけれど

”Let It Be Me” だと

「それが私でありますように。」

そんな感じかな?

愛を通り越して「祈り」とも解釈できそうな言葉です

日々、いろいろな場面があると思うけれど

いつでも誰に対しても、「それが私でありますように。」と感じることができれば

世界は平和だね

Share Your Thought