アルバム ”TATTOO YOU / 刺青の男”

当時もまだイギリスの失業率は酷かったのかな?

イギリスの長く続いた不景気

まぁ、そのおかげでPUNKSたちが生まれたわけだけど

この歌も、そんな雰囲気の世の中を歌っている

コンティニュームは、来年に向けて

なかなかの良いアイデアが溜まってきましたよ

2016年がどんな感じになるのか? 楽しみです

今年も良いまま夏を終えることができそうだけど

まだまだ

やるべきことは山ほどある

♪ You know marrying money is a full time job / お金と結婚するなんて、一日中働くのと同じことさ

労働は嫌いじゃない

むしろ好きな方だけど

でも今よりもっともっと制作をして

上手くいけば、少し自由になる時間が作れるな

仕事以外にもやりたいことがたくさんあるしね

それぐらいの欲はあってもいいよな

よく一般に言われることは

クリエイターは「10年作り続けろ」だ

結果が出ようが出まいが、10年やり続けろ

そうすれば、どうにかなる

まだコンティニュームは5年

やっと半分

年齢的にちょっと体力に問題があるが…笑

スタートが遅かったしね

それに、そうせざるを得ない状況になってしまったので

なんの準備もなかった

けれど、夢を実現するのにちょうど良い機会だったんだ

早いも遅いもない

不景気も関係ない

”Hang Fire” ってのは

火がくすぶっている とか 発火しない とか、そんな意味かな

なかなか前に進まないのは、辛い状況だろうけど

夢は必ず実現するってことを

これからの人たちにも証明したいしね

 

 

 

Share Your Thought