歌詞は存在していなかった
初めて聴く曲に合わせて歌うのだ

そして彼女が歌いだした…

2007年の最も衝撃的な作品だと僕は思っている

「即興」という、ある意味で危険な方法は
上手く行けば、途轍もないエネルギーを生み出す

僕などは、ある程度の計算をしながら
作り上げていくタイプなのですが
ときどき、思いのまま筆を走らせることがある
それでも、後から足したり引いたりして
作品を整えたくなってしまう
何枚も同じような絵を描いて
でも結局は最初の一枚がいちばん良かったりする

閃いたインスピレーションをもっと信じてやろうかな?
今日は、そんなことを思いながらの制作でした

http://youtu.be/1SO4pt43YE4

千年もの間ずっとわたしは
ヴィクトリア湖の上に
横たわり
翼をつけられて飛び回り
いろんな色にもなっていたけれど
誰もわたしの名前を知らなかった
千年もの間ずっとわたしは
砂漠から逃れグアドループ島へと辿り着き
風に向かって多くの歌を作ったけれど
誰もわたしの名前を知らなかった

ビキニ諸島の周辺の海を
わたしは水のように流れ
そしてわたしは美しい銀の湖の
水の固まりの中に飛び込んだ
‘川の下手’の
水の固まりの中に
そして誰もわたしの名前を知らなかった

今わたしはみんなの中を歩き回り
みんなに歌いかけ
大きく手を広げる
そして誰もわたしの名前を知らない
わたしは歴史の広大な時間の流れの中に身を移す
だけど誰もわたしの名前を知らない
わたしは四方に吹く風の中に立っていた
わたしは四方に吹く風の中に立っていた
わたしは四方に吹く風の中に立っていた
そして誰もわたしの名前を知らない

だからわたしはまた歩きだす
そう、わたしは夜毎歩き回る
そこでわたしはまた歩きだす
わたしはあなたたちを見つめる
あらゆる人たちの素敵な顔を
あなたはわたしの名前を知っているの?
知っているの?
あなたはわたしの名前を知っているの?
あなたはわたしの名前を知っているの?
あなたはわたしの名前を知っているの?

ねえ
あなたはわたしの名前を知っているの?
教えて
あなたはわたしの名前を知っているの?
あなたはわたしの名前を知っているの?
知っているの?
あなたはわたしの名前を知っているの?

Share Your Thought