偶然/必然で

昨日描いていた絵は

”Messenger”

中央に空を飛ぶイーグル

そして、良いメッセージが広がって行けばいいな

20140701-010302-3782045.jpg

20140701-010301-3781450.jpg

20140701-010302-3782573.jpg

「君死にたまふことなかれ」

あの男の最期の言葉

憲法の拡大解釈に抗議する独りの闘いだった

見張り塔のてっぺんから指令が下り

ただの精神異常者として片付けられるんだろ

それは起こってしまった

それでもうじゅうぶんだ

向きを変えよ

ミドリカフェより

「何も官邸や大阪府連へ行くことが全てじゃない」

たしかにそう思う

いろいろなものを見過ぎて

まっすぐ歩けなくなってしまうから

僕はここで絵を描き続けよう

”Lost In The Supermarket”

俺はスーパーマーケットで迷子になっちまった
もうハッピーに買い物できない
特別大売り出しでここに来たのさ
保証付きの俺なのに

俺はここに居るのに誰も気付かないみたい
家に戻れば俺は俺なのに
しかし、そこを離れりゃこの始末

屋根裏に住む人々のことを聞いたことあるよ
叫び声や喧嘩
こうした雑音を聞くことは
俺の最初の感覚の目覚めだったよ
俺の周囲はこんな風だった

その中に溶け込んでた
そして、全ての成り行きを見てた
紅茶の箱のクーポン券を集めたもの
大ヒットのディスコのレコードを買い
それを聴きながら酒ビンを空にし
束の間、自由を味わったぜ

ホールのキッズ達と壁に吸い込まれるパイプの煙
仲間のために演奏させてくれよ
遠方からの来客はその距離に見合った分の
長い呼びかけをするのさ
沈黙ってのは寂しいものだよ

http://youtu.be/qsrEAWcAvRg

幸い僕には、すぐそばに

絵を分かってくれる人がいる

どんな迷宮にも

必ず出口はある

そうだろ?

Share Your Thought