絵の描き方には二通りあると思う

少しずつ、いろいろなものを付け足して

言いたいことが、明確に伝わるように

つまりイメージをひとつに絞っていく方法と

その逆に

いろいろなものを削り落として

人それぞれが、自由にイメージできるよう

シンプルへと向かっていく方法と

僕が好きなのは後者の方法です

実際、コンティニュームでもそうしている

言いたいことを押し付けたり

答えを強要するような絵は

あまりタイプじゃないのでね

たとえば一本の黒い線を描いたとして

見る人は何をイメージするのかな?

「道」のような具体的なものと見る人もあれば

「繋がる」とか

線が縦ならば、「上昇する」とか

精神的な見方をする人もあると思う

そういう絵を描きたいと思うが

線一本で勝負できるには、まだまだですね

20140405-015141.jpg

これは、夜空とギターを描いた絵です

エレキだなっ ぐらいは強要してるか

此処ぐらいまでは辿り着いています

音楽の詩も

ベトナム戦争が起こるまでは

シンプルだったような気がします

“I saw her standing there”

シンプルな方が空間が広く、息がしやすいね

Share Your Thought